初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > (6)パンに関して嫌われる例

パンに関して嫌われる例

※メルマガから一部抜粋して掲載しています。

パンに関して嫌われる例

このパンについて一つだけダメな例を挙げるとするならば、
「同じ方向のパンは嫌われる」ということです。
というか、なんとなく気持ち悪いんです。

例えば、この草津温泉のVは、1カット目は「右→左」
2カット目は「左→右」と、パンの方向を変えているので
気持ちいい編集です。

一方、こちらのVを見てみて下さい。

これは僕が京都の鴨川を撮った時の映像ですが、
仮に(1)では右→左のパンを続けてみました。

どうでしょう。気持ち悪いと思いませんか?

これを解消する方法として、
(2)縦パン→横パン
(3)横パン→フィックス
(4)縦パン→フィックス
などが挙げられます。

パンを使った映像を作る時に特に意識しておくと
失敗を防げると思います。

パンとフィックスは非常に基本的で、
非常に使い勝手のいいカメラワークですので、
次回は撮り方について少し解説しようと思います。






 

メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

サイト内検索

ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010