初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > (38)映像の色味を加工する

映像の色味を加工する

vol.38 映像の色味を加工する

映像の色味について

映像の色味は、雰囲気を決める上で、
わりと大事です。

例えば、大手チェーン店の居酒屋やレストランにいくと、
多くのお店では白〜オレンジ色の照明を吊っています。
暖色を使う事で、
料理が温かく、おいしそうに見えるようになるからです。

逆に、蛍光灯のような青白い照明だけで
食べ物を見ると、
なんとなく冷えて、まずそうに映ってしまいます。

以下の写真は、
「素材辞典」の中にあったすき焼きの写真です。

これが素材のまま。

映像の色味を加工する・すき焼き写真そのまま

これはわざと青白く加工したもの。

映像の色味を加工する・すき焼き写真青白い

これは、明るさと赤みを足して加工したもの。

映像の色味を加工する・すき焼き写真明るい

ちょっとわざとらしいですが、
色味で印象は大きく変わるわけです。

上記は写真なのでフォトショップで加工しましたが、
映像でも同じように色味を変化させることができます。

映像の色味を加工する

こちらの映像をご覧ください。

これは、昼間撮った川岸の映像の色味を加工して、
夕景っぽくしたものです。
これを作ってみたいと思います。

では、具体的な作り方です。

1)映像を用意する

  川岸で撮影した加工用の映像をビデオ1に配置します。
  ここでは、ヒキのカットに続いて、
  ヨリのカットを配置しました。

映像の色味を加工する・カットの配置

  ここまででは、まだ素材をつないだだけです。
  曇天だったので少しくらい感じもしますが、
  加工前の昼間の映像です。

2)カラーバランスエフェクトを適用する

  次に、
  ムービーの編集 → ビデオエフェクト
  → イメージコントロール → カラーバランス(RGB)
  をクリックし、
  1)で配置したクリップにドラッグします。

映像の色味を加工する・エフェクトの追加

  さらに、エフェクトの編集をクリックし、
  カラーバランスの値を加工調整します。

映像の色味を加工する・設定の調整

  ここでは夕焼けっぽくしたいので、
  赤成分を上げて、青成分を下げました。
  さらに、緑成分も少し上げて、
  なんとなく夕景に近づけました。

3)さらに加工調整する

  もうちょっと川面がキラキラと夕景に
  輝くようにしたいと思ったので、
  あと2つエフェクトを追加します。

  シャドウ・ハイライトを加えて、
  少し明るい印象に変わりました。
  設定はいじっていません。

映像の色味を加工する・シャドウの調整

  さらに、カラーバランス(HLS)で、
  彩度を上げて、
  色相を少しだけ調整しました。

映像の色味を加工する・彩度の調整

  これで完成です。
  いかがでしょう、夕焼け時に見えるでしょうか?

これは撮影に失敗して、
暗くなってしまったときや、
ホワイトバランスが間違っていて、
なんとなく青く映ってしまった時に、
正しい色味に補正する時にも使えます。

映像の加工というのは実に奥の深い作業です。
色味を加工調整することを、
カラーコレクション(略してカラコレ)と言いますが、
これを専門としている人がいるくらい奥深い世界です。

ということで、僕らや初心者の方々は、
さわりの部分だけ覚えておくことにしましょう。
割と役立ちます。




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索




ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010