初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > 「東京」の動画を作る(編集編1)

「東京」の動画を作る(編集編1)

vol.48 「東京」の動画を作る(編集編1)

オフライン編集

では、前回までに撮影した素材を元に、
オフライン編集に入っていきます。

オフライン編集というのは、
テレビの現場で使っていた用語で、
テレビの編集の場合、パソコンである程度編集したら、
次に局や編集所へそのデータと収録テープを持って行き、
改めてキレイにつなぎ直してもらうという作業をやっていました。

この編集所に入る直前までの編集の事を
オフライン編集と呼んでいたわけですが、
特に局や編集所に入ってからをライン編集と呼んでいたわけではないので、
由来はよくわかりませんが、
今でもオフラインといえば、そういう意味で使われます。

なんとなく、ここでも使いますが、
ここではテロップやナレーションを入れる前までの
編集の事をオフラインと呼ぶようにします。

では、最初のカットをつなぎます。

カットをつなぐ(1)

構成編で書いたとおり、最初は
「僕は、学生時代、長野県にいて、
東京への憧れと恐れがありました。」

です。

前回撮った東京タワーの映像をはめることにしましょう。
素材はこちらです。

撮影した素材の中から、
思っていたナレーションに合うカットを探します。

素材を観ていくと、
右から左へパンするカットと、
道路を含んだ右下から、左上にパンするカットが
良さそうな気がしてきました。

どちらでも行ける気がしますが、
なんとなく都会の喧騒を思わせる道路が
入っている方を選んでみます。

では、具体的な方法です。

1)素材を配置する

  撮影素材をパソコンに取り込んで、
  ビデオ1にドラッグして配置します。

カット編集のやり方・クリップを配置

※動画編集ソフトはプレミアエレメンツ7を使っています。

2)カットする場所を探す

  再生しながら、カットする場所(イン点)を
  探します。

  この時、
  パンのような動きのあるカットを使う場合は、
  動き出し(カメラの振り始めるところ)から
  使い始めると上手く行くことが多いです。

  ここでは、
  0:49くらいだと思うので、
  このポイントで、
  Ctrl+Kを押し、
  素材を二つに分割します。

カット編集のやり方・クリップを分割

3)アウト点を探す

  2)で切ったイン点から、さらに再生し、
  ナレーションを読みながら、
  アウト点を探します。

  ナレーションはゆっくり目を意識して読み、
  読み終わって一呼吸あるくらいで
  再生を止め、再び、Ctrl+Kで
  素材を分割します。
  これで、素材は3つに分かれたはずです。

カット編集のやり方・さらにクリップを分割

4)カットを並べる

  使いたい部分をドラッグして、
  タイムラインの先頭に配置します。

カット編集のやり方・クリップを移動させる

  これで1カット目が出来ました。

  微調整は後で出来るので、とりあえず、これでよしとします。

素材を探して、カットして、
配置していく。
簡単に書くと、オフライン編集は
この作業の繰り返しです。

あとは、カットの長さの選び方と、
カットの並ぶ順番によって、
どんな映像ができるかが決まってくるわけです。

では、次回は2カット目以降をつないでいきたいと思います。

          6        10  11




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。 また、Facebook、Twitterでも更新情報をお伝えします。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索




ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010