初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > 「東京」の動画を作る(テロップ入れ)

「東京」の動画を作る(テロップ入れ)

vol.53 「東京」の動画を作る(テロップ入れ)

テロップを入れる

企画の段階から長いことこのテーマで
作ってきましたが、
テロップを最後に入れて完成にしようと思います。

とはいえ、短い映像で、
ナレーションも入れているので、
あんまりテロップで補う必要もなさそうですので、
最初の東京というタイトルと、
サイドテロップという、
映像を説明するようなテロップを入れることにします。

まずは、こちらの映像をご覧ください。

ということで、最初のカットに大きく出すテロップと、
左上に出続けているテロップについてご紹介します。

まず、タイトルの
東京という文字を最初のカットに入れ込みます。

具体的な方法は「テロップを入れる」で
ご紹介した方法と全く一緒ですが、
この場合、最初にディゾルブでふわっと登場して、
このカットの最後まで出続けてカットアウト
させています。

このカットがもう少し長ければ、
ディゾルブをかけてフェードアウトさせていたかも
しれませんが、
そこまで長くはなかったので、
カットアウトとしました。

カットアウトのやり方としては、特にエフェクトをかけずに、
そこまでテロップのクリップを伸ばすだけでOKです。

サイドテロップを入れる

2カット目以降、ずっと画面の左上に出続けている
テロップの事を、
テレビの現場ではサイドテロップや、サイドスーパー、
または、単にサイドと呼んでいました。

東京の動画を作る(テロップ入れ)サイドスーパーのイメージ

テレビの場合、途中から見た人のために、
今、どんな内容がやっているかを示すために
入れているものです。
映像が長くて、「章」がたくさんある場合に
特に重宝されています。

本来、WEBで流す場合には、
何の映像か、周辺に説明があるわけなので、
あんまりサイドテロップは要らないのですが、
今回は参考までに入れてみました。

ちなみに、最終的には、
タイムラインはこんな感じになりました。

東京の動画を作る(テロップ入れ)最終的なタイムライン

ビデオ1がベースの映像、
その上のビデオ2がテロップ、
ナレーショントラックにナレーションを吹き込んだ状態です。

こうやって完成した映像の事を、
完パケ(かんぱけ)といいます。
おそらく完成パッケージの略ではないかと思います。
(完全? 完璧? かもしれないですが)

ということで、
今回の「東京」をテーマにした映像を作るというのは、
これで完成としたいと思います。

今回はBGMは必要なさそうだったので
入れませんでしたが、
これは、またの機会にご紹介したいと思います。

                  10  11




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。 また、Facebook、Twitterでも更新情報をお伝えします。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索


ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010