初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > テロップの入れ方(無料ソフト編)

テロップの入れ方(無料ソフト編)

vol.60 テロップの入れ方(無料ソフト編)

テロップの入れ方(無料ソフト編)
この記事で使っている機能は有料バージョンのものだったことに、記事を書いた後に気が付きました。フリーバージョンのお試し期間が切れたところで使えなくなる機能ですので本当は無料ではありません。申し訳ありませんでした。

前回、3gp形式のケータイ動画を
TrakAxで編集できるAVI形式に変換しました。

今回は、これにテロップを入れてみます。

テロップ(文字)は、
多くの有料の動画編集ソフトで入れることができますが、
フリーソフトであるTrakAxでも、
ある程度のテロップを入れることができるようです。

では、具体的な方法です。

1)新しいプロジェクトファイルを作る

  File → NewMixをクリックし、
  新しいミックスを作る

2)動画素材を配置する

  左のリストの中から、
  前回変換した動画をドラッグしてタイムラインに
  配置します。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・タイムラインに追加

3)テロップを追加する

  タイムライン上で右クリックし、
  Insert → Video Creditsをクリックします。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・テロップの画面を出す

4)テロップの詳細を書きこむ

  すると、こんな画面が現れるので、
  テロップの詳細を書き入れていきます。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・テロップ追加画面

  ただし、残念なことに、
  直接日本語を書き入れようとしても、
  うまく漢字に変換することができないようです。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・メモ帳で漢字を打つ

  そこで、
  Windowsのメモ帳を立ち上げ、
  入れたいテロップを打ち込んで、
  改めてコピー&ペーストすることで、
  うまく漢字のテロップを打つことができました。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・漢字のテロップが打てた

5)テロップの位置や大きさを調整する

  テロップは、
  画面の下位置の中央に配置しようと思います。

  ということで、
  まず、右上にある中央寄せのボタンを押し、
  さらに、画面左上にあるスライダーを
  下の方までドラッグして下げていきます。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・テロップ位置を調整

  この時、あんまりギリギリ下につけてしまうと
  見やすくないので、
  ある程度間を空けておきます。

  だいたい良さそうな位置に出来たら、
  Closeを押してこのウィンドウを閉じます。

6)テロップの長さを調整する

  うまくいくと、
  タイムラインはこんな感じになっていると思います。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・タイムラインのレイヤー

  一番下のラインにあるのがテロップです。

  このままだと、
  テロップの位置や長さが適当なので、
  位置と長さを調整します。

  ここでは、歩道橋に登り切る前くらいで
  テロップを落とす(消す)事にしました。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・テロップの長さを調整する

  このテロップを入れた映像がこちらです。

7)フェイドイン、フェイドアウトを入れる

  せっかくなので、テロップに
  フェイドイン、フェイドアウトを入れてみます。

  タイムライン上のテロップの左上に
  カーソルを持っていくと、
  「台形と←→」みたいなマークが出てきます。
  これを引っ張ることでフェイドエフェクトがかけられます。

テロップの入れ方(無料ソフト編)・フェイドイン&アウトをかける

  ここでは、1秒くらいにしてみました。

  同様にしてテロップの後ろもフェイドアウトさせます。
  とりあえずこれで完成です。

なお、今回のプロジェクトファイルと動画素材は
フェイスブック側で「いいね!」を押すとダウンロードできますので
是非、ダウンロードしてみて下さい!

フェイスブック側のダウンロードページ

下見映像として使う

ケータイの動画で撮影したものを、
少しだけカットして、並べ替えて、
テロップを入れて、書き出す。
という流れを前回と今回でやってみました。

これで何ができるかというと、
例えば、新しいプロジェクトをやる時に、
現地の下見に行ったときとかに、
ケータイで映像を撮影しておき、
テロップを少し入れた状態で、
プレゼンテーションのネタとして使うという事が
考えられます。

テレビのロケの場合、
この下見をロケハンと言っていて、
アナウンサーやリポーターの方に
これから行く現場の雰囲気を伝えるために
映像を見てもらって説明したりしていました。

一般の仕事でも、
動きのあるものの下見の場合は、
特に映像が役に立つのではないかと思います。




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索




ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010