初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > 2画面にする(無料ソフト編)

2画面にする(無料ソフト編)

vol.62 2画面にする(無料ソフト編)

2画面にする(無料ソフト編)
この記事で使っている機能は有料バージョンのものだったことに、記事を書いた後に気が付きました。フリーバージョンのお試し期間が切れたところで使えなくなる機能ですので本当は無料ではありません。申し訳ありませんでした。

ここのところ、
無料の動画編集ソフトTrakAxに凝っているわけですが、
今回もこのソフトを使って、
2画面にする方法についてご紹介します。

異なる2つの動画を
同時に表示するというのは、
2つのものを比較する時によく使われます。

撮影する物の角度を違えたり、
昔の景色と、現在の景色を比較したり、
条件を変えた実験の様子を比較したり・・・。
色々なことに使える応用範囲の広いテクニックです。

2画面にする(無料ソフト編)・サンプル

今回は、
前回撮影したロコモコの映像を元に、
ヒキ画と、ヨリ画を比較する感じで
2画面にしてみたいと思います。

2画面にする(無料ソフト編)

では、具体的な方法です。

1)新規プロジェクトに素材を読み込む

  「無料の動画編集ソフトを使う」でやった時と同様に、
  プロジェクトを作成し、
  そこに、素材となる映像を読み込みます。

2画面にする(無料ソフト編)・素材を読み込む

  また、今回も音声は使わないので、
  「×」の部分を押して消しておきます。

2)同じ素材をもう一度読み込む

  次に、2画面目の素材を読み込みますが、
  今回は同じ映像素材の異なる部分を切り取って
  2画面にしようと思っているので、
  同じ素材を読み込みます。

2画面にする(無料ソフト編)・もう一度読み込む

3)使いたい部分を切り出す

  次に、2画面で使用したい部分を切り出します。

  ここでは、
  トラック1の方をヒキ画、
  トラック2の方をヨリの画にしました。

2画面にする(無料ソフト編)・カットする

4)動画を重ねる

  現時点では、時間的に離れた位置にあるので、
  同じ時間にするために、
  クリップを重ねます。

  トラック2の方のクリップをドラッグして
  重ねました。

2画面にする(無料ソフト編)・クリップを重ねる

  この時点で再生すると、
  トラック2のレイヤーが、
  トラック1のレイヤーよりも手前に表示されるので、
  トラック2の方の映像だけが再生されるはずです。

5)プロパティを設定する

  トラック2のクリップのところで右クリックし、
  Segment Propertiesをクリックします。

2画面にする(無料ソフト編)・セグメントプロパティ

  すると、プロパティを設定する画面が現れるので、
  スライダーを動かして、
  右下の位置に来るように調整します。

2画面にする(無料ソフト編)・位置を調整する

6)もう一つのプロパティも設定する

  同様にして、
  トラック1のプロパティも設定します。

  今度は、左上に来るようにスライダーを
  動かして調整します。

2画面にする(無料ソフト編)・もうひとつも位置を調整する

  ちなみに、今回はどちらのズームも、
  6割くらいにしてあります。

7)尺を微調整する

  実はここまでで、ほぼ完成なのですが、
  このままだと、微妙に尺が違っていて、
  どちらかが先に消えたりして気持ち悪いです。

  そこで、尺を合わせるために、
  どちらかの尺を微調整して合わせておきます。

2画面にする(無料ソフト編)・尺を合わせる

  今回は、トラック2の方の尺を
  短くしてトラック1の尺に合わせました。

  これで書き出せば完成です。

今回は左上と、右下に画面を2つ出しましたが、
画面の位置を変えたり、
大きさの比を変えたりすることもできます。

工夫次第では応用範囲の広いテクニックです。

 

なお、今回のプロジェクトファイルと動画素材は
フェイスブック側で「いいね!」を押すとダウンロードできますので
是非、一連の流れを確認してみて下さい。

フェイスブック側のダウンロードページ




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索




ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010