初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > 旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)

旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)

vol.67 旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)

ナレーション録り

前回までで、
撮影した素材を並べ替えて、
必要なところにエフェクトを加えました。

次に、ナレーションを付けておきます。

最初に思い浮かべた構成を元に、
録っていきます。

今回は、撮影もケータイで撮ったので、
ナレーションもケータイのボイスレコーダーで
録ってみることにします。

では、具体的な方法です。

1)ナレーションを録音する

  一度、ケータイ(auのIS03)に
  元々ついていたボイスレコーダーというアプリで
  録音してみましたが、
  こちらはちょっと音質が悪いようです。

  そこで、
  PCM録音というアプリをダウンロードして
  使ってみたところ、
  大丈夫そうな音質になったので、
  こちらで行くことにしました。

2)ナレーション素材を読み込む

  プロジェクト→取り込み→ファイルとフォルダ
  を選択し、
  今、録音したナレーション素材を読み込みます。

3)ナレーションを配置して編集する

  これを、ナレーショントラックにドラッグし、
  うまく映像に合うように配置します。

旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)・ナレーションを配置

  この時、ナレーションがカットの頭から
  始まるようにすると、それらしくなりやすいです。

  また、ナレーションで何を言っているかわからないと、
  見ている人にストレスを与えることになってしまいます。
  できるだけはっきりと、
  ゆっくり目に読むといいと思います。

ここまででは、
映像はこんな感じになっています。

音付け(BGM追加)

ナレーションを配置したら、
次はBGMを入れていきます。

今回は旅行記録で、
秋っぽい感じにしたいので、
ゆったりと落ち着いた感じのBGMを加えたいものです。

1)曲を探す

  無料で音楽を配布してくれているサイトの中から
  曲を探してきます。
  今回は、
  MusicMaterialというサイトの、
  ヒーリングミュージックの中から、
  AUTUMNという曲を選んでみました。

  http://musicmaterial.jpn.org/healing.htm

  こちらをダウンロードします。

2)曲を配置する

  ナレーションの時と同じく、
  曲を読み込んで
  サウンドトラックに配置します。

旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)・BGMを配置

3)映像に合わせてカットする

  曲の方が映像よりも長いので
  最後の部分でカットします。

4)フェイドアウトを加える

  編集→トランジション→オーディオトランジション
  →コンスタントパワー
  を選択し、
  BGMの最後にドラッグして適用します。

旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)・BGMを配置

  矢印の部分をダブルクリックすると、
  フェイドアウトの尺(時間的な長さ)を調整できます。
  ここでは、3秒にしました。

ここまででは、
映像はこんな感じになっています。

清音

上記の映像のように、このままでは、
BGMに対してナレーションが小さくて、
ちょっと聞きづらい音声になっています。

そこで、効果的に聞こえるように、
・映像素材の音声
・ナレーション
・BGM
の3つの音声のボリュームを操作していきます。

この作業を清音と言っています。

1)音声のボリュームをコントロールする

  クリップボリュームと書いてある状態で、
  黄色い線を上げたり下げたりすると、
  その音声のボリュームが変化します。

旅行記録を作る(4.ナレーションと音付け)・ボリュームを調整

  この作業を繰り返し、
  ここでは、映像素材の音声がうるさいところを下げ、
  ナレーションが聞こえるくらいまでボリュームを上げ、
  BGMは少し下げました。

これでナレ録り、音付けまで終わりました。
次回、少しだけテロップを入れて完成させようと思います。

      4 




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。 また、Facebook、Twitterでも更新情報をお伝えします。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索




ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010