初心者のための動画作成講座|仕事で使える映像制作 初心者のための動画作成講座

ホーム動画の作成 > 丸型に動画を切り抜く

丸型に動画を切り抜く

vol.69 丸型に動画を切り抜く

キーイング

以前、2つの動画を同時に表示して、
2画面にする方法をご紹介しましたが、
画面の画角はもとの長方形のままでした。

これを丸型や星型など、
任意の形に切り抜く方法についてご紹介します。

基本的なエフェクトとして、
トラックマットキーというのを使います。
「キー」というのは、
ある部分を透明にする技術という感じです。

有名なのは「クロマキー」というやつですね。
クロマというのは色の事で、
緑色や青色の背景の中、役者が芝居をして、
後でその緑色の部分を透明にして、
別の背景を合成するというやつです。
あれも「キー」エフェクトの一つです。

これに対してマットキーというのは、
形にひもづけて、透明にする部分を指定する
やり方です。
このマットキーを使って、
丸型に動画を切り抜いてみます。

動画編集ソフトは例によって
プレミアエレメンツ10を使っています。

丸型に動画を切り抜く

では、具体的な方法です。

1)2つの動画を用意する

  まずは、丸に切り抜きたい動画と、
  合成する背景の動画を用意します。

  今回は、カモが泳いでいる方を丸く切り抜き、
  風景の動画を背景にして合成してみます。

  こちらが素材です。

2)丸型を用意する

  ここで、丸に切り抜くための
  型を用意します。

  フォトショップなどの画像編集ソフトでもできますが、
  今回はテキストツールでやってみます。

  Tのマークをクリックし、
  長方形ツールを選択します。

動画を丸型に切り抜く・テキストツールを選択

  長方形ツールを使って、
  画面全体を黒で塗りつぶします。

動画を丸型に切り抜く・黒で塗りつぶす

  続いて、
  丸ツールを使って、
  今度は白で丸を書きます。

  これで型が準備できました。

動画を丸型に切り抜く・白丸を書く

  このタイトルのクリップを
  カモの映像の上に配置し、同じ長さに
  伸ばしておきます。

動画を丸型に切り抜く・テロップを伸ばしておく

3)動画を重ねる

  景色の動画の上に、
  カモの動画をドラッグして重ねます。
  この時、テロップも併せて移動させておきます。

動画を丸型に切り抜く・動画を重ねる

  これで、
  ビデオ3:テロップ
  ビデオ2:カモ
  ビデオ1:景色

  という順番になっています。

4)マットキーエフェクトをかける

  編集→エフェクト→ビデオエフェクト→キーイング
  →トラックマットキー

  を選択し、カモの泳いでいる部分のクリップ(ビデオ2)に
  ドラッグして適用します。

動画を丸型に切り抜く・マットキーを適用

5)プロパティを変更する

  エフェクトの編集をクリックし、
  トラックマットキーのプロパティで、

  マット:ビデオ3(つまり、黒四角と白丸を書いたテロップ)
  コンポジット用マット:ルミナンス

  に設定します。

動画を丸型に切り抜く・マットキーのプロパティを設定

  これで、
  カモの動画が丸く切り抜かれて
  景色の動画の上に表示されます。

  これは、
  ビデオ1の映像の上に、
  ビデオ2の映像がビデオ3の白い部分だけ
  表示されているという状態です。

動画を丸型に切り抜く・マットキーの説明

6)尺を調整する

  最後にカモの動画の位置、大きさ、尺を
  調整します。

動画を丸型に切り抜く・位置とスケールを調整

  カモの泳いでいるいい部分を
  見つけてカットして、
  プロパティ→モーションから、
  位置とスケールを調整して、
  右下に持ってきました。

  これで完成です。

最初のテロップ部分を工夫すれば、
丸型以外にも同じやり方で切り抜くことができます。

<関連記事>
2画面にする
テロップの入れ方
映像をクロマキーで合成する




 

このような記事をメルマガで毎週金曜日14時から配信しています。もちろん無料です。 映像作りに興味をお持ちの方は、メルマガへの登録は以下のフォームをご利用下さい。 また、Facebook、Twitterでも更新情報をお伝えします。

メルマガ購読・解除
仕事で使える映像制作
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 

カスタム検索




ニュース

お問合せ

copyright 仕事で使える映像制作 Since 2010